カテゴリー
過去の日記
最近のコメント
<< 新連載のこと | main | VHSアソート10本セットを楽しむ >>
その日が来るまで
__.JPG
セーターの毛玉は取り尽くしたし、のりやす君の鼻くそもほじり尽くしたし。他にやるべきことがあるのはわかってるのに。それも今すぐに。

ちょっとした書類を書けないでいる。いったい何ヶ月放置してる?(一式揃えていつも目に付く場所に置いてあるというのに!)。友達に返せないで棚に置いたままの本とCD。見て見ぬ振りをして要らないストレスを抱え込み、何年も息苦しく生きている。そもそも返せない性分のくせに安易に借りてしまう己が悪いのだけど、こんな私にそう簡単に物を貸しさらしてしまったあいつもあいつなのだからどうか待っていて欲しい。ある日突然どうしても返したい衝動がくるその日まで。

自動改札機のタッチパネルが右にあることで左利きの人は毎日少しずつ殺されている。私は右利きだけど、もし私が毎日ラッシュアワーに電車通勤しないといけないレフティだったなら…。積もり積もった小さなストレスに押し潰されたある雨の月曜の朝に私は発狂する。新宿の改札口でどれだけ唾を吐いて暴れても、誰もタッチパネルの位置を左には変えられない。そこでレフティの私は思いつく。改札機を通る直前に後ろ向きに歩いてピッと通り抜ければいいことを。それから流れるように美しい弧を描いて180度回転。鮮やかに正面に向き直した私は何もなかったみたいに人の群に紛れ込む。

それに引き換え私の抱えるストレスはクズみたいなものだった。そこまでしなくてもいい類いのしょうもなさ。要はさっさと書類を書きさらし、指定された箇所に捺印しさらし、切手を貼りさらして靴を履きさらしてドアを出さらせばいいこと。タイミング良く右足と左足を動かしてポストを探し回ったあげく、やっと見つけたポストに封筒を投函すればいいだけのこと。或いは借りたCDや本にお礼のお手紙を添えちゃったりして(そしてそこにとても小っちゃなタコ焼きのシールなんかを陽気に斜め貼りしちゃったりして)コンビニから送ればいいだけのこと。ええ、そうですとも。いくらグズだとかクズだとか言われているこの私だってその気になればできるんですから。

朝の8時から9時のあいだにですよ。あの癇に障る声のヒステリー女が残した着信はなんと5回!それを知ったこんな朝なんかは書類を書いたり本やCDを返すのにうってつけの日。しかしたとえ今日という日を逃したとしても、また別のある日は必ずやってくるもの。例えばそれは新緑の美しい季節の、全開にした窓から通り行く人々に訳も無く手を振りたいようなきちがいじみた朝かもしれない。“みんなみんなおはよう!今日もお元気で!”。大声で叫びたい衝動を抑えきれない朝に、それは突然起こるかもしれないのだから。

| - | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.qfd-shop.com/trackback/1446837